最強天才イケメンスマブラDXプレイヤーRudolphのブログ

2016年日本最強2017年日本2位のスマブラDXプレイヤー「Rudolph」のブログです かっこいいHNですよね本当に

遊撃使い必見!復帰阻止における必須テクニック【Leffenキック】について

個人的にフォックス、ファルコ両方の対遊撃の復帰阻止では必須だと思っているLeffenキックについての配信をしたのでそのまとめ記事を書きました。

昔からあるテクニックですが有用度と知名度に比べしっかり有効活用している人がとても少ないと思い配信しました。

ちなみにフォックスでやるのが一般的だと思われていますがファルコでもフォックスと同じぐらい有用です。

www.youtube.com

最初の方グダグダしてるので1:55ぐらいから見てください。

 

文字でもまとめておきます(動画見た人もこっちに目を通しておいた方がいいですし分かりやすいかも、動画内で言ってない事も書いたりしてます

 

普段多くの人は遊撃VS遊撃の復帰阻止の展開でよくある【斜め上からの斜め下ファイア】【崖と水平の高さからの真横ファイア】【斜め下からのファイア】に対して崖離しを垂直で行いジャンプ空後orリフレクターで滞空してタイミングを合わせて空後のどちらかをしていると思うのですがこれには欠点があります。

それはタイミングを合わせる事がとても難しく、空後を合わせづらい事です。

中でも【斜め上からの斜め下ファイア】はこの2つのやり方で空後を合わせるのはとても難しいです、体感ほとんど当たりません。

無理に合わせようとすると相打ちになったりギリギリまで引き付け過ぎてファイアに巻き込まれたりします。

【崖と水平の高さからの真横ファイア】にも当てるのが難しいです。

またこちらでもタイミングを見誤ると相手のファイアに当たってしまい逆に復帰阻止されてしまうという展開も起こり得ます。

動画内では何回か普通の蹴り方でも当ててますが実戦では他の相手の復帰択も考えながら動かなくてはならない為難易度は更に上がります。

 

これを解消してくれるのがLeffenキックです。

何故Leffenキックと呼ばれているのかというと蒼天さんがアメリカに行った時にLeffenとフリー対戦をした際彼が多用していたのを参考にし日本に持ち帰りそこから広まったからです。

 

Leffenキックとは崖離しを外側の真横で行い半円を描くようにキャラを動かしながら空後をするという復帰阻止です。

(ここは動画を見た方が分かりやすいと思います、3:30辺りを見てください)

https://youtu.be/Gx4JBW-rpXI?t=209

 

Leffenキックならば【斜め上からの斜め下ファイア】【崖と水平の高さからの真横ファイア】に対してマジで当たります。

6:00から7:05の部分を見てもらえればマジで当たる事が分かると思います

https://youtu.be/Gx4JBW-rpXI?t=357

 

仕様的な話をするとこのゲーム実は進みながら攻撃を出した時、進行方向とは逆の方向に対して1F分攻撃判定が多く(長く?)残るという謎の仕様があり、Leffenキックによる横移動成分とこの仕様の相乗効果によりヒット率がかなり上がっているのだと思います。

蹴る場所自体も上述した2つの蹴り方に比べてより崖から離れた位置で空後の判定を出す事が出来るので当たりやすさに一役買っているはずです。

 

更にこのLeffenキックは【斜め下からのファイア】にも有用です。

斜め下からのファイアは復帰する側の角度の選択肢が非常に多く上述した2つの蹴り方ではカス当てになってしまったり当たらなかったりする事が多くなってしまいます。

それに対しLeffenキックはカバーする範囲が非常に広く、上述した2つの蹴り方ではカス当てになってしまう角度では本当てになり、当たらなかった角度ですら本当てになる事がかなり増えます。

そもそもカス当てになる事はかなり少なくなります。

そして何より複数の角度に対して本当てになるので安定感が違います。

 

更に動画内では言ってませんがLeffenキックは他の蹴り方と違い縦軸の上昇が緩やかで横移動成分が強い為蹴り自体を当てるタイミングの幅が広く非常に安定して当てる事が出来ます。

 

更に更にLeffenキックは崖離し後の無敵が付いていなくてもファイアと相打ちする事がほぼ無いという利点があります。

 

さて肝心のやり方です、やり方としては2通りあります。

 

1つ目はLeffenキックをする時だけクロウ持ちに持ち替え普通にスティックを外側に倒して崖を離し人指し指でXorYを押してCスティックで空後を出すやり方です。

元からクロウ持ちの人は自然に出来ていい感じですね。

 

もう1つはs-royalさんに提案してもらったやり方で普通にスティックを外側に倒して崖を離しそのままスティックで空中ジャンプしながらCスティックで空後を出すやり方です。

僕はこれでやっています。

普段スティックジャンプを一切しないので初めはスティックジャンプをする前に空後を出してしまったりして安定しませんでしたが毎日ちょっとずつ練習すれば十分試合で使える精度になりました。

安定させるのにそんなに長くは掛からないはずです。

上の2つならばどちらのやり方でも大丈夫です、個人的にやりやすい方で練習しましょう。

 

ちなみに普通にスティックを外側に倒して崖を離して普通にXorYを押してCスティックで空後を出すやり方もありますが、右手の操作が忙しく左手のスティック操作との並行が難しいのと、更に横移動成分を強く出したい時ジャンプと空後をほぼ同じタイミングで出したい事が多くなりその時右手の操作が追い付かず空後の発生前にファイアに当たってしまうといった事が起こりとても困ります。

このやり方はハッキリ言って非推奨です。

 

空後を出す際はどちらもCスティックを強く推奨です、上にも書いてますがLeffenキックは滑らかな横移動成分の重要度が高いので例え空後を出す一瞬の逆慣性でも空後のヒット率を下げます。

 

つまりまあ動画内でも言ってますが結論として

 

マジでやらない意味がありません。

操作がちょっと難しいけど練習すれば十分安定します、でもちょっと安定するぐらいじゃ大会で使うのが怖いので100回中99回はミスしないようにしておきたい所ですね。

 

遊撃使いの皆さん是非やってください。

こういう実戦で大きく差が出る所から海外との差を埋めようぜ!!!

 

遊撃手論

遊撃手論

 
遊撃宇宙戦艦ナデシコ (2)

遊撃宇宙戦艦ナデシコ (2)