最強天才イケメンスマブラDXプレイヤーRudolphのブログ

2016年日本最強2017年日本2位のスマブラDXプレイヤー「Rudolph」のブログです かっこいいHNですよね本当に

ドネーションの概要と途中経過のご報告

・はじめに
皆さんこんにちは、今回は記事のタイトル通り現在行っている僕のドネーションについて日本語にて概要を説明したいと思いますが、その前にまずドネーションの金額内訳について皆さんに誤解を招いてしまったこと、きちんと内訳を説明しなかったことを深くお詫び申し上げます、本当にごめんなさい。
また、それにも関わらずドネーションしてくれた方々、本当にありがとうございます。
応援してくれている方々への経過報告も兼ねてドネーションについて今一度まとめたいと思います。

 

ドネーションの概要
趣旨:Rudolphのアメリカ遠征及び長期滞在の為の費用を募る
目的:Rudolph自身のプレイヤーとしての更なる技術の取得、実力の向上、大会での実績作りやスポンサード獲得へ向けたコネクション作り。

遠征期間(予定):2017年12月22日付近~1月25日付近まで
25日付近までなのはGenesis5に出場する為でありアメリカには最低でも1ヶ月以上は滞在したいと思っています。

そして出来るのならばGenesis5出場後も僕とわっち両名の時間とお金が許す限りまで滞在したいと思っています。
募集期間:2017年11月14日~12月20日
募集ページ: Fundraiser by Cecil Thomas : Rudolph's American Trip
募集金額:4000ドル(日本円で約44万円)

募集金額に関してですがスタート時のドネーションの最終ゴールは5500ドルで第1ゴールと第2ゴールが存在していました。

ですが現在は第2ゴールであるわっちの分の渡航費と滞在費1500ドルを削り4000ドルに変更しています。

わっちは何とかお金を工面して付いていくと言ってくれました、本当にありがたいです。

金額内訳:Rudolphの渡航費及びアメリカ滞在中の滞在費、Rudolphが遠征している期間の母親の生活費

 

・途中経過
12月7日現在目標額4000ドルに対し1590ドルの寄付をいただいています
目標達成率は約40%


・金額内訳について
概要の欄で少し書きましたが、改めて説明させていただきます。
4000ドルの内訳は僕の飛行機代が往復で約1000ドル、Go fund meでの手数料で200ドル、アメリカでの僕の滞在費が約1300ドル、滞在費がそこまで多くないのはマネーマッチで稼いだり海外勢の家にお世話になる事が多いと思うのでこの額になっています。
残る1500ドル、3つ目の"Rudolphが遠征している期間の母親の生活費"ですが、これについてはより詳細に説明させてください。

まず、今回犯した一番の誤りは家庭事情を説明する際に詳細な事情を話さず「借金」という分かりやすい言葉を使ってしまった事にあります。
借金というと、遊ぶ金が無くなり仕方なく母親から借りている。などを想像するかもしれませんが決してそのようなことではありません。

 

現在僕は母親と兄と3人で暮らしています。

僕の母親は以前から体調が不安定であり仕事を始めては体調不良により辞めたりを繰り返したりしてきており今も休職中です。

兄も以前勤めていた会社で鬱病寸前まで追い込まれ辞職、現在は派遣で稼いでいます。
父はおらず、まとまった収入もありません。

現在は母が以前パートで稼いでいた数少ない貯金と僕がパートで稼いだお金と兄が派遣で稼いだお金で生活しています。


母が働けない以上僕が生活費を入れるしかないのですが、アメリカへ遠征してしまったら母親が生活する術がありません・・・。
そのような家庭背景もあり、僕が遠征している間なんとか母親が生活出来るように渡航費以外のお金もドネーションさせていただきました。
僕が以前書いていた借金30万円というのは僕が大阪に1年と少し住んでいた頃家にお金を入れる事が出来ずその分母親が無理をしていたので後からお金を入れてほしいと言われて承諾したお金です。
このお金は実際にはこうして母親の生活費になる予定で実際は借金という感じではなかったのですがこういった背景を他人に説明する事に抵抗があり、なおかつそれを現在の僕のスマブラ活動の停滞の言い訳にしたくないという思いがあって説明を渋ってしまいました・・・。
これらの背景をきちんと説明せずにドネーションを募ったことで多くの方の誤解を招いてしまったことを改めてお詫び申し上げます。

 

・行くのが今じゃないといけない理由

ここまで読んできて皆さんは

「じゃあお金をしっかり稼いでからもっと後で行けばいいのではないか」

と思うかもしれませんがそれが出来ない様々な理由があります。

まず僕と同行するわっちが近々就職を考えている事、僕がアメリカに長期滞在するには彼の協力が必要不可欠であり到底1人では成し遂げられません。

更に僕の仕事という点でもこうして仕事を辞めてアメリカに長期滞在出来るのはパートの契約期間の区切りだったからであり次にまた契約を交わすとこういった機会を得る事は非常に難しくなります。

そして重要なのがアメリカのスマブラDX界隈の盛り上がりについてです。

現在こそアメリカのスマブラDX界隈は盛り上がっていますが本当にどこでいきなり盛り下がるのか分からないという懸念があります。

例としては最近のスポンサーの脱退があげられます、SplyceやSelfless等の中堅スポンサーが相次いで脱退しているのが今の現状です。

 

・今後の取り組みについて
以上のような家庭環境もあり、現在僕は殆どの時間を労働に費やさざるを得ない状況です。
海外遠征はもちろん国内遠征ですらままならず歯がゆい状況が続いています。
そんな中でスタートしたこのドネーションによるアメリカ長期滞在企画は僕にとってまたとないチャンスです。
アメリカという強豪が多い環境で1ヶ月以上身を置くことは僕の更なる可能性を引き出してくれます。
これは慢心や空虚な自信などではありません、これまで培ってきた経験と日本トッププレイヤーという実績からくる確固たる確信です。
そして、僕は今回の長期滞在にあたって皆さんに次の2点をお約束します。

 

※2017年12月8日追記

当初"約束"の1つとして「Genesis5で25位(Best32)以内に入賞」というものがありました。

ですが"約束"という提示は「ドネーションの条件として2つの"約束"の達成を含める」という風に法的で解釈出来るという指摘をある方にしていただきました。

例えば現地で何かトラブルがあったとしても、Top32にもし入れなかった場合最悪訴えられても文句は言えないと教えていただきました。

それを受け寄付をしてくださった方々への約束は

・長期遠征目的を全うし、寄付頂いたお金は提示した目的のみに使用する

・アメリカで得た技術的なノウハウを日本に還元し共有する

の2点とさせていただきたいと思います。

Genesis5で25位(Best32)以内に入賞はあくまで今回の遠征での終着点としての"目標"とさせていただき、例えそれが達成出来なくとも寄付後の返金要請には応じる事は出来ないという事を示させていただきます。

こういった法的な観点から調べる事をせずに安易に"約束"という言葉を使用した事を謝罪させていただきます・・・申し訳ございませんでした。

※追記終了


僕はとても不器用な人間です、周りの人の助けがなければ遠征すらままなりません。
しかし、スマブラDXに関しては周りの誰よりも本気で取り組み、VGBC|aMSaに次いで世界に名を残せる可能性を秘めていると思っています。
現在はパートも増やしより多く資金を稼ぐ為に働いていますが、まだまだ足りないのが現状です・・・。
"母親の生活費"という名目でのドネーションに賛否はあるかもしれません、ですが肉親を見捨ててはおけないという事もどうかご理解いただければと思います。

・リンク
ドネーションページ Fundraiser by Cecil Thomas : Rudolph's American Trip
Rudolphコンボ動画 SAMURAI MARTH "Rudolph" ~ Marth combo movie~ - YouTube

・執筆者
Rudolph(https://twitter.com/rudolph_ssbm

・協力、校正
深淵めがね(https://twitter.com/mgn_ssbm